仏像の中には非常に貴重な宝物が入っていることがあるそうですが
その仏像自体も相当、貴重な物の為CTで調べることが多くなりました。

ハンガリー・ブダペストの国立自然博物館にあるという、
11~12世紀に作られた中国の仏像

CTで調べたところ中身は人骨でした...。

「1000年前の仏像をctスキャン」の画像検索結果

実はこれミイラとなったしたいの上に仏像として彫刻をかぶせたという
とんでもない代物でした...。

およそ1100年前に亡くなった高僧だというそうです

なんとも不思議な話ですが死体の保存方法にはいろいろあるんですね!(笑)